寺川先生がYoutubeはじめました!

この度、地元のプログラムスクール寺川塾の寺川先生が、Youtubeをはじめました!

ということで、まずは寺川先生がどのような人物なのか、簡単に紹介していこうと思います。

良ければ最後まで見て頂けたら嬉しいです。

1、寺川先生の紹介

地元のプログラムスクール寺川塾の寺川です!

ここからは、わたくし寺川が自己紹介をさせて頂きます。

生徒の方々の写真
  1. 地元のプログラムスクール寺川塾代表
  2. 少数精鋭プログラマー集団「P・D・Group」代表
  3. 加計学園 岡山理科大学 講師
  4. フリーランスプログラマーとしても活躍中

それでは、過去の話をしていこうと思います。

①小学生時代

山の画像

生まれは愛媛県今治市。

親友と家の近所にある山で、走り回って遊ぶのが日課。

そもそも、私がパソコンを使い始めたのは小学校高学年頃からでした。

5歳年上の姉が「あなたはコンピュータ会社の社長になりなさい」

ふとした時にそう言われていたのですが、それを聞いている内にパソコンへ興味を持つことになります。

そこから、親友と遊べない時は、両親が持っていたパソコンで「ソリティア」「マインスイーパー」で遊ぶ毎日が続きました。

中学生時代

バスケットゴールの写真

中学生の時には、バスケットボール部で部活に励む毎日でした。

そして、空いた時間にパソコンで遊んでいく内に、プログラミングという存在を知ってから、パソコンで少しずつ調べ始めます。

それがきっかけで、高校は情報系の学科に進学することになります。

高校生時代(バスケットボール部)

電子回路の画像

授業では、プログラミング電子回路の勉強。

部活はバスケットボール部に入部しましたが、半年ほど経った時に

「将来の為、本当にこのままで良いのか?」

と考え始めるようになります。

バスケットボールは5人メンバーですが、部員は一年生だけでも15人前後在席。

スタートメンバーに入るには狭き門です。

すると、段々モチベーションが下がってしまい、初めはスタートメンバーに入っていても、途中からメンバーから外されるようになります。

結果、バスケットボール部を退部。

親友や先生のアドバイスもあり、インターアクト部と生徒会メンバーに在席することになります。

※インターアクト部とは、ロータリークラブにより提唱された、12歳から18歳までの青少年社会奉仕クラブのこと。

高校生時代(生徒会)

学校の風景画像

生徒会では、学校の行事主催。

インターアクト部では、ボランティア活動。

そして、将来の為に学校へ内緒でアルバイトをしていました。

「もう時効だ!(笑)」

そして、高校生のプログラミングレベルでは、社会に通用しないと悟ってしまいます。

専門学校へ進学

プログラミングのイメージ画像

プログラミングを本気で学ぶには大学よりも専門学校が良い!

という話を聞いて、愛媛県松山市の河原電子ビジネス専門学校の高度情報技術科へ進学することになります。

アルバイトで学費を払いながら通学。

すると、なぜか急にプログラミングへの勉強意欲が爆発

現役プログラマだった人たちの授業と、同じ目的を持ったクラスメイトに刺激を受けて、毎日勉強する日々が続きます。

学校でも、通学中のバスでも、バイト先でも、家でも、とにかく勉強!

好きなことは、勉強していて楽しい!

ただ、運動もしないと・・・

ということで、約3年間、空手の道場に通うことになります。

就職

両親の知り合いで、東京都でシステム開発会社を経営している人からお話を頂いて、内定を頂くことになります。

就活が一瞬で終わって安心している中、就職課の先生からある話があります。

先生「寺川君。一社、説明会だけでも参加してくれないかな?」

寺川「先生!内定頂いているので行けません!」

先生「伊予銀行の関連会社なんだけどね。どうにか説明会だけでもどうだろうか?」

寺川「それでは、説明会だけ参加しますね!」

当日、説明会に行くと、普通に面接をしました。

そして、その日の帰宅中に内々定を頂きます。

就職課の先生から一言「東京都の方の内定は、辞退してください。」

こうして、伊予銀行の関連会社である、いよぎんコンピュータサービスへ入社することになります。

伊予銀行の関連会社時代

金融関係のシステム運用や開発を経験。

約6年間働きました。

時差勤務もあったりして、大変な時期もありましたが、さすがは全国の地方銀行の中でも上位にランクインする伊予銀行。

サービスの質を高めるための各業務と組織体制は、衝撃を受けるほど凄いモノでした。

こうして、色々な人から様々なことを学ぶことになります。

地元のプログラムスクール寺川塾

「あなたはコンピュータ会社の社長になりなさい」という姉の言葉。

実は、小学生の時からずっと頭にありました。

そして、いつかはパソコン関連の事業を開業するという前提で行動していることに、入社してすぐ気づいてしまいます。

自分が本当にしたいことは何なのか。

地元の為にできることは何なのか。

そして、ヘルニアを患ったこともきっかけになり、退社後は地元の愛媛県今治市で「寺川塾」というプログラミング教室を開くことになります。

どうでしたか?

このような経緯で、今に至るわけですが。

結局、プログラミングをひたすら極めた人と覚えて下さい。

2、趣味

バイクでいつも自由気ままにツーリングしています!

実はこの写真。

全て愛媛県内の場所で撮影しています!

previous arrow
next arrow
Slider

3、Youtube

ということで、自己紹介が長くなってしまいましたが、ここからが本題のYoutubeです!

この動画のような感じで、IT関連の情報を、初心者でも分かりやすく発信しています。

発信している内容を何気なく見ていると、自然とITへの意識(リテラシー)が高まることを目的として、動画を制作しています。

とはいっても、難しく考える必要はありません!

この機会にぜひ、チャンネル登録をよろしくお願いいたします。

それでは、Youtubeでお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。